三重県四日市の内科・小児科「杉浦医院」の
「小児科」診療についてご紹介します。

診察・検診・予防接種・往診のご予約・お問い合わせ

tel:0593972076

初診の方専用WEB受付:24時間受付

小児科

小児科とは

*

小児科では風邪や胃腸炎、気管支炎、はしかや水ぼうそうなどの感染症から神経性疾患や発達障害、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、先天性心疾患、先天性免疫不全症や先天性代謝異常症など、乳幼児や小児の疾患に対して適切な診療を行います。
基本的な検査や診療は当院が行いますが、専門的な治療や入院が必要な場合には速やかに専門病院へ紹介いたしますので、お子様の健康に関して気になることはなんでもご相談ください。
また、各種予防接種や、4ヶ月・10ヶ月の乳幼児検診も行っております。

お子様の予防接種について

ワクチン画像

世界中に数多く存在する感染症。しかし、その中でワクチンで防ぐことのできる疾患は決して多くはありません。だからこそ、せっかくワクチンがあっても、予防接種を受けないというのはもったいないことなのです。効率的に予防接種を受けて、大切なお子様の健康を守りましょう。
予防接種をご希望の方は、お電話(初診の方はWEB受付からも可)にて事前にご連絡ください。
また、接種当日は母子健康手帳をご持参ください。

予防接種の種類とスケジュール

ワクチンには「生ワクチン」と「不活化ワクチン」の2種類があります。
それぞれ接種間隔が異なり、生ワクチン接種後は4週間、不活化ワクチン接種後は1週間の間隔をあける必要があります。
日本の赤ちゃんが0歳で接種するワクチンは種類も多く接種回数は15回以上になります。これらを1本ずつ単独で受けていると接種が遅れがちになり、感染症予防が確実ではなくなります。 当院では同時接種も行っておりますので、効率的に予防接種を受けるためにも、接種スケジュールを確認し、ご不明な点はお気軽にご相談ください。

生ワクチンを接種すると
次回接種まで4週間あける必要があるため
効率的な予防接種のために同時接種をおすすめします
「生ワクチン」「生ワクチン+不活化ワクチン」を摂取した場合、4週間あけて次回摂取を行います。「不活化ワクチン」「不活化ワクチン+不活化ワクチン」を摂取した場合、1週間あけて次回摂取を行います。
生ワクチン
  • ・MR(はしか・風しん)
  • ・はしか単独
  • ・風しん単独
  • ・水痘(みずぼうそう)
  • ・おたふくかぜ
  • ・ロタウイルス感染症(胃腸炎)
不活化ワクチン
  • ・四種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオ)
  • ・三種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳)
  • ・二種混合(ジフテリア・破傷風)
  • ・インフルエンザ
  • ・ヒブ感染症
  • ・B型肝炎
  • ・小児用肺炎球菌
  • ・ポリオ

乳幼児健診について

三重県四日市の内科・小児科「杉浦医院」のキッズルーム写真

杉浦医院では、4カ月、10カ月の乳幼児健診も行っております。
発育(身長や体重の増え方)や発達(首のすわり、おすわり、はいはい、たっちなど)が順調であることを確認するための健康診査で、発育や発達が遅れていると思われる場合には適切な指導が必要となります。お子様の健やかな成長のためにも、忘れずに受診してください。
予約は必要ありませんが、事前に日時をお伝えいただければ、比較的スムーズに健診を行うことができます。

乳幼児健診に必要なもの
四日市市から配布された予防接種と子どもの健康にとじ込まれている「乳児一般健康診査票(4カ月・10カ月)」と、母子健康手帳をお持ちの上、ご来院ください。
お手元にない方は四日市市保健センターまでご連絡ください。

初診の方:初めての方はこちらをご覧ください

鼻から入れる苦痛が少ない胃カメラ「経鼻内視鏡検査」消化器内視鏡専門医が検査を行います

「在宅医療で患者様の生活をサポート」機能強化型在宅療養支援診療所
として連携のとれた、安心できる往診(訪問診療)を行います。緊急時も安心24時間365日対応。

ページの先頭へ戻る